ばらいろ爪の長い午睡


締め切りがないのをよいことに、個人誌「ばらいろ爪」は
昨春12号を出してから、長く午睡をしています。

そしてこのブログも、5月、6月と二ヶ月以上も更新が滞りました。
停滞中にも、ここを訪れて下さったみなさま、ありがとうございます。






c0356633_09350864.jpg





長い梅雨の間、いかがお過ごしでしたか。
豪雨災害のお見舞いを申し上げます。





c0356633_09343500.jpg



6月18日、日本の詩祭2017では
たいへんお世話になりまして、ありがとうございました。

お一人お一人、お顔を思い浮かべながら、何度も感謝しています。







c0356633_09344275.jpg


どういうわけか、初夏の畑にコスモスが咲いて、
蔓薔薇はいつも通り、ワイルドに空をめざしていました。






c0356633_09342670.jpg


ばらいろ爪ですが、10月には次号を出したいなと思っています。
野性的でありたいと思います。
これからも、どうかよろしくお願いいたします。

お元気で、よい夏をお過ごし下さい。






















[PR]
# by marburg_bara_iro | 2017-07-22 10:05 | Trackback | Comments(0)

心優しい人と電話で話す

水曜日、久しぶりに車で出かけた帰り道、
友人にどうしても手渡したいものがあった

前に訪れたときの記憶を辿り、近くまで行ってみたけれど
生来の方向音痴のわたしには
彼女の家を見つけるのは難しかった

小学校の前に停車して、自宅に電話をしてみたら、留守だった
雨も降っていたし、そのまま帰った


c0356633_22533853.jpg

木曜日、思い切って電話をしてみた
あなたと話したいと、このごろずっと思っていた、と彼女は言った



c0356633_22534843.jpg


話しているうちに
何だか心洗われる気持ちがしてきた














[PR]
# by marburg_bara_iro | 2017-04-29 10:13 | Trackback | Comments(4)

霧の朝

c0356633_22532587.jpg
ものがたりが溜まっている











[PR]
# by marburg_bara_iro | 2017-04-24 22:57 | Trackback | Comments(0)

土筆、ムスカリ、ありがとう

c0356633_08564092.jpg

この冬はちょっとたいへんで
なんの手伝いもしてあげられなかった
(よく考えてみれば
一度もかれらの世話をしたことがない)

けれどみんな
ちゃんと帰ってきてくれた

思いがけないようなところから顔を出し
あたらしい場所にいる自分たちに驚いている





c0356633_08564862.jpg
















[PR]
# by marburg_bara_iro | 2017-04-12 09:06 | Trackback | Comments(5)

園鈴子先生



c0356633_21462635.jpg



3月4日の午後、電話が鳴って、
第67回H氏賞に詩集『真珠川 Barroco』が選ばれたと
お知らせをいただきました。

いつもお世話になっている方々が、ご自分のことのように
喜んで下さるのを目の当たりし、ようやく、
わが身にもたらされた幸いなのだと、
10日ほど経った今ごろ、ようやく少しずつ、
実感が湧いてきました。

これまでお導き下さった皆様、そして
詩集を読んで下さる皆様に、
心からの御礼を申し上げます。

発表の翌日、この豪華な花束を贈って下さったのは、
中学時代の恩師、園鈴子先生のお嬢さんです。

山里の分校で園鈴子先生に出会い、白秋の短歌を教わって、
言葉のなかに、色彩や匂いや音楽があるのを知りました。















[PR]
# by marburg_bara_iro | 2017-03-14 22:54 | Trackback | Comments(0)

春を待ち望む

芸術を愛する友人から、庭の梅が満開になりましたと
一枚の写真が送られてきました。
青空に、紅梅、白梅がきれいに映えています。
よく手入れされた生垣の緑も見事です。

同じ日に、北国の詩人から久しぶりにたよりがあって
「連日の除雪作業で体が鍛えられている」そうです。

みなさまのところは、いかがでしょうか。

c0356633_10255049.jpg

雪が積もると、こんなふうに
里山が近づいてきます。
この冬は、ちょっと厳しい足音で接近してくるように感じ
もうこのくらいでけっこうです、と
山に向かってきっぱりと言いたくなりました。

先月、ようやく両親の介護申請を提出したところで
まだ暮らしのペースをつかみきれず
日によってあたふたしたり、ぐったりしたりしていますが
うれしいこともありました。

ミラノの女流詩人、ラウラさんたちと再会し
イタリア語や、フランス語、英語、もちろん日本語など各国の言語で
詩の朗読を聞くことができたからです。
わたしの作品は今年の詩祭に間に合いませんでしたが
イグ・ラブリュスさんの詩の日本語訳を
心こめて読ませていただきました。

残念ながらわたしはイタリア語もフランス語もほとんどわからないのですが
詩人の母国語で朗読される詩は
魂から発せられたことばのようでした。

今回はラウラさんの姪で、
理知的で可愛らしく、たいへんな日本びいきのアリアナさんに
会うこともできました。
世界のどこかに、じぶんの感性とぴったりフィットし
心からくつろぐことのできる土地があること
人生の時を分かち合える友人がいるのはすてきです。
14歳の彼女の未来を応援したいと思います。

国際詩祭を企画、運営して下さったすみくらまりこさんはじめ
スタッフのみなさまに感謝します。



c0356633_10253263.jpg


母校、同志社のキャンパス内に
尹東柱さんの詩碑があることを教えてもらったのは
5年ほど前のことです。
生誕100年を記念する今冬の朗読会に出席を予定していましたが
その日はどうしても外出ができませんでした。

岩波文庫から出ている
『空と風と星と詩』を
この冬はじっくりと読みました。
雪の底が青くもえているような、そういう詩です。


c0356633_10254031.jpg


精米所から持ち帰った米ぬかを、畑に撒いたからでしょうか
嘴の黄色いムクドリがたくさん来ています。
雀より一回り大きく、はれやかにさえずります。
春はきっと、もうすぐです。
















[PR]
# by marburg_bara_iro | 2017-02-20 11:31 | Trackback | Comments(2)