クロコダイル朗読会のお知らせ


第23回クロコダイル朗読会に出演させていただきます。

c0356633_18564440.jpg


日時:2017年10月7日(土)
開場:12時30分
開演:13時(終了:15時40分)
場所:クロコダイル ☎03-3499-5205 JR渋谷駅より徒歩10分
料金:2,000円(ワンドリンク付、当日券のみ)

出演者

水嶋きょうこ 
山崎修平
尾久守侑
大木潤子
及川俊哉
浜江順子
松尾真由美
北原千代
江田浩司
石田瑞穂

問い合わせ:浜江 ☎042-582-0938
後援:思潮社


お近くの方は、ぜひお出かけ下さい。













[PR]
# by marburg_bara_iro | 2017-09-20 19:10 | Trackback | Comments(0)

詩人の聲 第1579回のお知らせ

c0356633_15191206.jpg


朝晩、急に涼しくなりました。
いかがお過ごしでしょうか。


天童大人プロデュース 詩人の聲 第1579回のお知らせです。
新作を発表します。
どうぞよろしくお願いいたします。


北原千代 20回目の公演

     2017年9月30日(土)
     14:30 開場    15:00 開演
   
     💛カシュカシュダールにて
             世田谷区奥沢5-21-12 080-3455-2111(西端)

             東急東横線自由が丘駅南口より徒歩4分 魚菜学園坂上


                   お問合せ・ご予約
                   北十字舎 天童大人 090-3696-7098


















[PR]
# by marburg_bara_iro | 2017-09-06 08:53 | Trackback | Comments(2)

草間彌生さんの水玉と2017年の百日紅と

きのう図書館で借りてきた
別冊太陽『芸術の女王 草間彌生』を眺めていたら
秋の涼風が吹いてきた






c0356633_10494049.jpg
8月もきょうで終わりと思うと、
ちょっと待って下さい、という気がしたり、
蒸し暑さよ、さようなら!
ほっとしたりもする。

c0356633_10495080.jpg

この百日紅の樹齢はわからないが、
幹は骨と皮ばかりになっており、
百年やそこらは超えているのだろう。

2017年は、珍しく緑の葉が四方に大きく繁り、
8月に入ると次々に花房をつけた。
老木の花のようには見えなかった。

c0356633_10500194.jpg



家事のあいまに、草間彌生さんを見ている。
作品のタイトルもまた、すばらしい。

《わが恋のすべて、そして夜の夢をたべたい》
《求道の輝く星は宇宙のかなた、求めれば求めるほど光り輝くのだった》
《星の精》
《またも暮れゆく、今日の香り》
《幸いのすべて》


草間さんのドットのひとつひとつ、
それから絵の全体のありさまを見てまたひとつに返ると、しだいに
悠久という気がしてくる。


忙しいなかにも
秋風を感じるひとときをお過ごし下さい。




































[PR]
# by marburg_bara_iro | 2017-08-31 11:44 | Trackback | Comments(0)

Anna M.Thaneの小説

ついに、Anna M.Thane(アンドレア) の小説が発売されました!
http://regency-explorer.net/romance-available/

小包の中から出てきたのは、一通の封書と、美しく包装された本。

c0356633_21353458.jpg



まず手紙を読み、それから包みを抱えて外へ走って出た。
なぜ一目散に外へ出たのか、今もってわからない。
たぶん、お日さまの下に、この包みを置きたかったのだと思う。




c0356633_21350873.jpg



それから家に入り、落ち着いて、ゆっくりと包みを開けた。



c0356633_21352063.jpg



持ち重りがした。
感無量だった。

この写真はうまく写っていないので、
ぜひこちらをご覧下さい。
http://regency-explorer.net/romance-available/



c0356633_21354438.jpg

アンドレアからの手紙は、タイプではなく直筆だった。

彼女は大企業の人事課で仕事をしながら、
何年もかかって小説を書き続けてきた。
並大抵のことではなかったはずだ。

イギリス摂政時代の文化を心底愛するゆえ、
物語を展開していくのは、何ものにも代え難い
よろこびでもあっただろう。

当時のドレスを手づくりし、扮装して舞踏会に出かけることもある。
アンドレアは、人生を愉しむ達人なのだと思う。























[PR]
# by marburg_bara_iro | 2017-08-13 22:08 | Trackback | Comments(6)

ばらいろ爪の長い午睡


締め切りがないのをよいことに、個人誌「ばらいろ爪」は
昨春12号を出してから、長く午睡をしています。

そしてこのブログも、5月、6月と二ヶ月以上も更新が滞りました。
停滞中にも、ここを訪れて下さったみなさま、ありがとうございます。






c0356633_09350864.jpg





長い梅雨の間、いかがお過ごしでしたか。
豪雨災害のお見舞いを申し上げます。





c0356633_09343500.jpg



6月18日、日本の詩祭2017では
たいへんお世話になりまして、ありがとうございました。

お一人お一人、お顔を思い浮かべながら、何度も感謝しています。







c0356633_09344275.jpg


どういうわけか、初夏の畑にコスモスが咲いて、
蔓薔薇はいつも通り、ワイルドに空をめざしていました。






c0356633_09342670.jpg


ばらいろ爪ですが、10月には次号を出したいなと思っています。
野性的でありたいと思います。
これからも、どうかよろしくお願いいたします。

お元気で、よい夏をお過ごし下さい。






















[PR]
# by marburg_bara_iro | 2017-07-22 10:05 | Trackback | Comments(2)

心優しい人と電話で話す

水曜日、久しぶりに車で出かけた帰り道、
友人にどうしても手渡したいものがあった

前に訪れたときの記憶を辿り、近くまで行ってみたけれど
生来の方向音痴のわたしには
彼女の家を見つけるのは難しかった

小学校の前に停車して、自宅に電話をしてみたら、留守だった
雨も降っていたし、そのまま帰った


c0356633_22533853.jpg

木曜日、思い切って電話をしてみた
あなたと話したいと、このごろずっと思っていた、と彼女は言った



c0356633_22534843.jpg


話しているうちに
何だか心洗われる気持ちがしてきた














[PR]
# by marburg_bara_iro | 2017-04-29 10:13 | Trackback | Comments(4)